京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>京都観光名所

| 京都観光名所 |

東寺
東寺 延暦13年(794年)に桓武天皇が平安京に遷都した際、平安京鎮護のために、正門である羅城門の東に東寺、西に西寺を建造したと伝えられているが、 西寺は現存しない。
現在の東寺の場所は創建時のままであり、変わっていないといわれている。
東寺は延暦15年(796年)に創建され、最初に金堂が建てられたと伝えられている。
金堂は弘仁14年(823年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)に与えられたと伝えられており、東寺が本格的に活動を始めたのは、空海がこの寺に入ってから後であるとされている。
その意味で弘法大師信仰の強い寺である。なお、境内は国史跡に指定されている。
この寺の正式名称は「教王護国寺」であるが、通称名である「東寺」のほうが一般にはよく知られている。