京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>京都観光名所

| 京都観光名所 |

銀閣寺
銀閣寺
足利義政が造営した楼閣建築である観音殿を「銀閣」と通称し、観音殿を含めた寺院全体を「銀閣寺」と通称している。この通称名は近世の名所案内記などですでに使用されている。
なお、金閣と通称される鹿苑寺舎利殿には金箔が貼り付けられているのに対し、銀閣と通称される慈照寺観音殿には銀箔は使用されていないが、全体に黒漆が塗られていたと考えられている。なお修復に際し、黒漆を再現するべきか、現在の木目をそのまま生かすか議論が分かれている。
2008年(平成20年)2月から2年間の予定で修理中であり、銀閣そのものは見られない。
(2008年7月現在、骨組みと、屋根の見本は見られる)