京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>社長ブログ3

社長ブログ3

世界卓球選手権2018  IN スウェーデン
世界卓球2018 日本男子 予選第2戦の結果(4月29日)

丹羽孝希(スヴェンソン・2018年度4月度世界ランク9位)、張本智和(JOCエリートアカデミー・同13位)、水谷隼(木下グループ同11位)が起用された。

初戦、ベラルーシの大ベテラン、サムソノフ(同37位)と対戦した張本選手。
サムソノフ選手、リオ・オリンピックで3位決定戦で水田に選手と戦った相手。元世界1位に君臨した選手。キャリア抜群。

この試合、張本はサムソノフの「チキータ封じ」に苦戦。サムソノフが張本の「フォア側へ短いサーブ」と「バック側へ長いサーブ」を徹底して使用したため、張本は得意のチキータを多用出来ず、手足の長いサムソノフが得意とする台上での戦いを強いられた。加えて、張本自身リードされた焦りからか、自ら攻撃をして得点することにこだわり、ミスが目立ち2ゲームを先取された苦しい展開。
開き直った張本は、自らの攻めを少し減らす戦術転換を見せサムソノフに打たせて、張本得意のバックハンドでカウンターすることを狙い、3ゲーム・4ゲームと奪取した。

ドラマが待っていたのは5ゲーム目だった。3-8と劣勢に立たされた張本だったが、サムソノフのストップレシーブを狙ってバックハンドで強打、フォアサイド手前に来たボールを思い切りよく強打するなど、短いボールに対して果敢に攻める。得点を重ねるごとに雄叫びをあげ、流れを掴んだ張本は脅威の8連続ポイントで大逆転。元世界1位の“レジェンド”を相手に劇的勝利をもぎ取った。

観戦していた私は、さすがに今日は張本選手は負けるだろうと見入っていたが、見事な大逆転劇に驚いた。
張本選手はすごい結果も出すがちょっと波があるので、この後も頑張ってほしい。
そのあと、丹羽・水谷の両選手が連取して第2戦を勝利した。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
翔平  左足捻挫
大谷翔平がセベリーノ撃ち、180キロ弾丸ライナーで先制4号ソロ

 エンゼルスの大谷翔平が27日(日本時間28日)の本拠地ヤンキース戦で先制の4号ソロを放った。
その後、第2打席の二ゴロの間に軽度の左足首捻挫を負って交代。

剛腕セベリーノから放った強烈なライナー弾には驚嘆の声が沸き起こっている。

 この日は「5番・DH」でスタメン出場。0-0で迎えた2回1死の第1打席でセベリーノが投じた3球目の内角速球を完璧にはじき返した。打球は弾丸ライナーで右翼スタンドへ。本拠地からは大歓声が沸き起こった。

大谷選手が43打数で4本塁打を放っているが、ノーラン・アレナド(ロッキーズ)、ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)、ジョージ・スプリンガー(アストロズ)らの強打者よりも圧倒的に少ない打数で4本塁打を記録しているそうだ

田中将大投手との対戦が見れなかったのは残念だ。

でもすごいぞ翔平!




投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
文在寅大統領 金正恩朝鮮労働党委員長 板門店
韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日午前(日本時間同)、軍事境界線のある板門店の韓国側施設「平和の家」で首脳会談を開始した。


 正恩氏はこれに先立ち、軍事境界線でにこやかに出迎えた文氏と握手し、徒歩で韓国入りした。北朝鮮の最高指導者による訪韓は初めてで、南北分断の歴史に新たな1ページが刻まれた。

 午前9時半ごろ、文氏と正恩氏は初対面。言葉を交わした後、文氏は韓国入りした正恩氏と手をつないで共に北朝鮮側にも入った。

両首脳の会談で、朝鮮半島・日本の平和、拉致被害者の救出と核の廃棄につなるよう祈ります。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
衣笠祥雄さん逝去  鉄人 フルスイング
4月24日
元広島東洋カープ 衣笠祥雄さん23日に亡くなられたことが分かった。

衣笠さんは、広島カープの黄金時代の立役者の一人だった。
山本浩二選手と並んで広島の顔だった。
「鉄人キヌガサ」と呼ばれたエピソードがある。

連続試合出場記録がかかっているときだったが、巨人の西本聖選手のデドボールを背中に受け、それは肩甲骨の骨折と判明。
これで連続記録は費えたかに見えたが、翌日の巨人戦に代打として出場。投手は江川卓。彼の渾身の投球にフルスイングの三振。私自身その場面をリアルタイムで見たように記憶している。
その三振には、「一つ目は球場に応援に来て下さったファンの皆様へ、二つ目は自分自身のために、三つめは西本君のために」と試合後にコメントしたそうだ。

引退後もテレビでの解説の声は優しい声がしていたが、心底優しかったんだろうな。

衣笠選手、京都は平安高校の出身。当院の近所だ。(それがどないした?と思うだろうが許して!)

亡くなる一週間前までテレビでのお仕事をされていたとか、お見事。素晴らしい生きざまでした。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
錦織 圭選手  ロレックス・モンテカルロ・マスターズ 準優勝

錦織は22日まで行われたロレックス・モンテカルロ・マスターズで「ATPマスターズ10004度目の決勝進出。

決勝では
R・ナダル(スペ
イン)に敗れた。

右手首の故障からの復帰に努めていた錦織選手だったが、世界3位のチリッチ選手に勝っての準決勝・決勝とすすめたのは大きな自信につながったのではないだろうか?

決勝の相手ナダル選手は、これまでに2勝9敗

しかし決勝では残念ながら力及ばなかったようだ。

錦織選手、怪我に気を付けてね!





男子テニスの
423日付ATP世界ランキングが発表され、ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、ATP1000)で準優勝を飾った錦織圭は、前回から14上げて22位へ浮上した。

【錦織バルセロナ初戦 1ポイント速報】

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)