京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>社長ブログ3

社長ブログ3

田中将大投手 レンジャーズ ヤンキース
5月22日

◆レンジャーズ5―10ヤンキース(21日・アーリントン)

ヤンキース・田中将大投手(29)が敵地でのレンジャーズ戦に先発し、2発を浴びるも味方打線の援護もあり5回3安打4失点で5勝目を挙げた。



ヤンキースは2回にトーレスの5号2ランなどで3点を先制。

田中は直後にガロに14号ソロを許した。4回にはヤンキースがウォーカーが1号ソロで突き放したが、オドルに同点の1号3ランを打たれてしまった。

しかしヤンキースは5回にジャッジが勝ち越しの12号ソロを放ち、その後も加点してレンジャーズを突き放した。



次回登板は27日(日本時間28日)のエンゼルス戦(ヤンキースタジアム)で、大谷翔平投手(23)との投げ合いが濃厚となり、今から楽しみだ。

ピッチャー同士の投げ合いも楽しみだが、大谷が打者としての対戦も楽しみだが、それは次回に持ち越しだろうか。

マー君は4月28日に打者・大谷との対戦が予定されていたが、前日に大谷が左足捻挫のため欠場し、実現していなかった。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アナハイム レイズ  最長
5月21日

大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、アナハイムでのレイズ戦に先発した。

7回2/3で110球を投げて6安打2失点、9三振を奪い、4勝目(1敗)を挙げた。

7回2/3、110球はメジャー移籍後最長イニング、同最多投球の熱投。

今季ワースト5連敗中だったエンゼルスは、大谷の好投で5―2で勝利し、連敗を脱出した。

今日は110球投げたが、スプリットが多いようだが、肘は大丈夫だろうか?


投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
6号  レイズ   大リーグ
5月19日

エンゼルス・大谷翔平選手が17日(日本時間18日)、本拠地レイズ戦に「5番・DH」で先発出場。

0-7とリードされた9回に打者出場4試合ぶりとなる6号ソロを放った。

レイズ戦に3連敗となったエンゼルス打撃陣。

湿りっぱなしだったが、大谷の一矢を報いる打撃で次に期待を持たせてくれたのではないか。

次はピッチャーで登場かな。

白星をつけてくれ。
 

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
藤井聡太七段   最年少記録  将棋
5月19日

高校1年の現役最年少将棋棋士、藤井聡太六段(15)が18日、第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝で勝利し、七段に昇段した。

29連勝をはじめ、次々記録を塗り替えてきたが、七段昇段も最年少の新記録。

年内に八段昇格の可能性もあるというのだから凄い。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
西城秀樹  YMCA(ヤングマン)
5月18日

2018年5月16日、西城秀樹さんが急性心不全で亡くなっていたことが分かった。

西城さんは『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』や『ギャランドゥ』など多くのヒットを飛ばし、70年代から80年代の日本中を沸かせた。

私にとって西城さんは同世代のアイドル。

西城さんの闘病生活が報道されていたが、こんなに早く亡くなるとは、思わなかった。

私が、中学の修学旅行で東京に行ったのだが、その立ち寄り先が東京。

そして東京タワーに行った。

旅行の予定に入っていなかったテレビ局の見学ができるようになった。(東京12チャンネル)

地元では放送されてない番組だったが、MCは浅田美代子さん。『ひーふーみよちゃん』だった。

ゲストに西城秀樹さんだった。

オーオーほんまもんの西城秀樹や」スゲー、初めての体験に感動したものだった。

その時の歌は『傷だらけのローラ』だった。




投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)