エンゼルス大谷翔平投手(23)が今季先発投手では最速となる101・1マイル(約163キロ)をマークした。

 5回2死二、三塁のピンチ。3番カンデラリオに対し、カウント2-2からの5球目、101・1マイル(約163キロ)の直球で投ゴロに仕留めた。

 これまでの最速も大谷がマークした101マイル。4月24日のアストロズ戦で2度マークした。4、5位も大谷で同じアストロズ戦で100・7マイル、100・6マイル。ベスト5を大谷が独占している。

08年以降の先発投手の最速は13年9月にロイヤルズのベンチュラがマークした102・6マイル(約165キロ)。

大谷は5回を投げ3安打1失点。降雨中断の影響もあり降板し5勝目はならなかった。

大谷選手の最速記録より空振りする球を目指してほしい。

長くメジャーで投げるために。