京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

京都水族館                            梅小路公園
暑い夏が早めに終わったのでしょうか。

このまま秋に入り行楽のシーズンを快適な気候で過ごせますように。

近所の梅小路公園周辺には人がいっぱい。

京都水族館のおかげでしょうね。これで鉄道博物館ができたらどうなるのでしょうか。

ただ、千本通りより西には人が流れていないように感じます。

七条商店街に人が流れるといいのですが。

なにはともあれ、いい天気が続きますように。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
春なのに
桜は満開。雪柳の花がしなだれる。もうチンチョウゲの花は終わり。

蝋梅も残っている。といっても

桃の花は咲いて。百花繚乱。

たくさんの花が咲き乱れている。

のに、寒い。春なのに。

暖かさが続いて、春本番。私は大丈夫です。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
龍谷大付属 平安高校 選抜高校野球優勝おめでとう
春の大会の優勝は初めてだったんですね。

出場回数は多いけれど優勝には縁がないのかなと思っていました。

当院の患者さんが平安のエピソードを話されました。

電車に乗っていたら平安の生徒さんがいて、「君は平安の生徒さんか?」と聞くと「はいそうです」と、直立して応え、「僕はな平安のOBなんや、がんばってや応援してるで」と激励の言葉を贈ったら、後日原田監督からお礼の電話をいただいたとのことです。

その時のやり取りを生徒さんが原田監督に報告されたんですね。
以前の平安のことを知る由もありませんが、今年の強さに、選手、選手から外れた部員、監督、コーチ、応援してくれる人達の思いが一つになって戦えた結果ではないかと思うのです。

平安が、もっともっと強くなりそう、強くなれ、いや他の学校も。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
3.11 東北大震災から3年

早いものですね。
もう3年が経ったのですが、復興はまだまだのようです。
私は何もできてないですが、自分が頑張る事が震災復興につながると思い、頑張ります。

一日も早い復興を

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インプラント 入れ歯
治療までの待ち時間の間に患者さんたちの会話。

食べ物の話から、入れ歯の話になりました。
「私はキャベツの炒め物は食べられません。強くかめないから。他いたものなら食べられるのですが」(72歳女性)
「そうですか、私はインプラントですからなんでも食べられますよ」(94歳女性)

聞いていたら年齢が反対のように思われるかもしれませんが、94歳女性。Aさんとしましょ。
Aさんはインプラント歴本人曰く30年といいます。若干思い違いがあるかもしれませんが、インプラントが世間に知れ渡る前からの装着だそうです。

知り合いの歯医者さんからインプラントの話を聞き装着してから健康面にも影響があるそうです。
一昨年体調を崩されて入院生活をしたのだそうですが、退院後も身体がすぐれなかったそうです。
噛み合わせがおかしくなっていたとのことで、再度インプラントの調整をしたら、元気が出てきたと言われます。

この調子だと100歳声ですね。Aさん。ご長寿をお祈りいたします。

もちろん他の患者様の、間否様のご長寿、ご健康をお祈りいたします。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)