京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

wbc   侍ジャパン 世界一奪還ならず
3月22日  WBC優勝の夢散る

菅野投手の先発で試合に臨みましたが、1-2と負けて決勝にコマを進めることはできませんでした。

勝ち負けは当然ながら、日本としては守備の面でミスが2つあったことが、大きかったのでしょうか。

特に守備の名手とまで言われていた、菊池選手のミスは大きかったのでしょうか。

あとでホームランを打って、ミスを取り返したものの、それではプラスにはならないから。その時にツーランで守備のマイナス分を取り返し、プラス1になっているから。

決して菊池選手を責めているのではありません。負けるときはこんなものなのでしょうね。

野村監督曰く「価値に不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けあり」と。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
WBC  侍ジャパン
ワールドベースボールクラシック(WBC)で連日の日本チームの活躍に興奮しております。

毎日ハラハラドキドキぢながら観戦をしておりますが、毎試合日替わりヒーローがお立ち台でヒーローインタビューを受けている。

毎夜遅くまでの終了時間のため寝るのが遅くなっています。

6連勝で決勝ラウンドへ

世界一奪還!がんばれ侍ジャパン!



投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
転倒   打撲  デイサービス
3月2日 一日天気が不順

朝から雨が降ったりやんだり。

午後はデイサービスに行くのだが、階段を駆け下りたところに電話工事の作業中に出くわし、急いで邪魔にならぬように飛びのいたら、足元が濡れているのに気づかず地面に仰向けに叩きつけられた。

体は、肘で受け止めたために、その力は腕、肩に伝わり肩甲骨が飛び出しそうになった。
工事作業の方が心配して声をかけてくれたが、私は恥ずかしいのと、自分にイラついていた。

私ももうすぐ還暦に近づいてこんな転倒をして、明日以降大丈夫だろうかと考えながらゆっくりと立ち上がり、デイサービスに向かった。

時間がたって、肩関節周辺、あと頸部痛を感じているところ。

つっかけをはいていたから余計に反応が悪かった。そして、両手に荷物を持っていたため余計に。
両手が塞がっているのは、気を付けなければバランスが悪い。

五十肩の心配をしながら

しかし、そのあと、ストレッチを繰り返し1週間後の今日(3月11日)、治癒。







投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
プレミアムフライデー
私どもには特別関係ないように思いますが、大企業にお勤めの方向けですよね。

西欧では、TGF(THANKUSU GOD FRIDAY)らしいですが、日本ではPDF。

PDF(PREMIUM DEMOCRACY FRIDAY)

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
稀勢の里  横綱昇進
初場所 1月21日(土)
大関稀勢の里が、逸ノ城を下して幕内最高優勝を勝ち取った。13勝1敗で初優勝。

もう横綱昇進の話が急浮上。

しかし千秋楽で横綱白鵬を倒して14勝1敗で文句ない優勝をしてほしいと思ってテレビを見ていたが、いきなり
白鵬にがぶり寄りをされ、もう後がないところまで押し込まれたが左がうまく入り、見事なすくい投げで白鵬を土俵下に放り投げた。

あの土俵際での粘り腰、あきらめずに左を差すまでの戦いに執念を感じた。

今までのもう一歩のところでの負けで、準優勝に終わる不運。

あの強い白鵬に勝てる力士はそういないのに、白鵬キラーとまで言われるのに取りこぼす稀勢の里にどれだけの人が期待を裏切られたのだろうと思うが、それらの思いをすべて洗い流すかのような勝利だった。

一段上に上がったからには、もう後がないぞ。がんばれ稀勢の里。

おめでとう稀勢の里関。


投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)