京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

痛み シグナル
「痛み」無いに越したことありませんね。

でもその痛みは体の健康を維持するうえで大きな働きをしているのです。
今、痛みで苦しんでおられる方にしてみれば「何をばかなことを!」と、おっしゃると思います。

痛みは、体の異常を知らせてくれるし、危険から回避するために大事な働きをしてくれるのです。
体の異常を知らせてくれるシグナル(信号)なのです。
そのシグナルがどこから発せられているのかをキャッチして的確に対処するのが私たちの務めかと思います。

その痛みは一過性の物なのか、将来的に体が壊れていくもとにに繋がらないかを考えて処置したりアドバイスをする必要があります。

患者さんは痛みが取れてしまえばその時の苦しみを忘れてしまい、アドバイスを忘れ、もとの日常生活にもどり、また痛みを繰り返すのです。
次に痛くなったときは、体は前回よりも壊れが進んでいることと思います。

痛みと上手に付き合っていけば将来の不安は取り去ることが可能ではないでしょうか。

「腰痛って癖になりますか」と、聞かれます。
私はそう思いません。

                               ドル円・ユーロ円
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
木枯らし1号 2017年 爆弾低気圧
10月31日 京の都を木枯らし1号が吹き荒れました。

日曜日に通り過ぎた台風が、爆弾低気圧に変化して、一足早い冬を持ち込んだようです。

来週の日曜日に町内のレクリエーションで出かけるのですが、ちょっとくらい紅葉が楽しめないでしょうか。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
9.11 アメリカ  テロ
もう16年になるんですね。

2001年アメリカ 9月11日 同時多発テロでした。

世界をリードしてきたアメリカがテロに会うという悲劇。

あの時の惨劇は今でもはっきりと脳裏に焼き付いていますが、それ以上にまた、強く思うのは北朝鮮問題です。

今の北朝鮮は戦前の日本と同じような道のりを歩んでいるように思えるのですが、何とか話にならないのでしょうか。

対話を。対話からだと思いますが。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桐生祥秀選手 100メートル 9秒台突入
9月9日 桐生祥秀選手が大学選手権で遂に10秒の壁を打ち破って優勝した。

10秒01を出してから4年かかったんですね。

日本では9秒台に一番近い男と騒がれてから長かったんでしょうね。

走るたびに9秒台、9秒台と皆が騒ぎ、それにこたえようと頑張る。大変だったと思う。

本人も言っていたが、これでやっと世界の100メートルのスタートラインに立ったと。

一人が壁をやぶったら、次から次へと付いていくと思うが、世界の100メートルの決勝で日の丸を挙げてもらいたいものだ。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ワールドカップ・サッカーロシア大会 出場決定
8月31日 埼玉サッカースタジアムで侍ジャパン・イレブンがワールドカップ・ロシア大会の出場を決めた。

やりました!おめでとうございます。

長谷部キャプテンの言葉が良かったですね。
ワールドカップ出場は決まったが、選手として約束されたわけではないと。
ベテランは返り咲き、若手はレギュラーを死守することが強い日本を築いていくのではないかと思う。

来年開催までの一年間を選手たちの一人一人が切磋琢磨で、成長して(私の勝手で)ベスト4を目指して欲しい。
(本当は優勝して欲しいが・・・)

ここ最近の日本の若者たちのジンクス破りの戦いは、明年こそやってくれるかもしれない。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)