京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

「ペットボトル症候群」NO1            京都市接骨院

久々の投稿です。
ペットボトルの普及はすごいですね。お茶だったらまだいいけど、甘い飲み物を知らず知らず取りすぎているそうです。記事を見て抜粋しました。
血糖値が高くなるのに痩せていく!?

「まだまだ若いから糖尿病なんて関係ない」なんて思いがちだけど、最近は10~30 代の間に「ペットボトル症候群」なる現代病が増えているんだとか。ペットボトル症候群を発表した聖マリアンナ医科大学の研究グループに在籍していた、星賢二先生(現・たまプラーザ内科クリニック)の話です。

「ペットボトル症候群はたくさん砂糖の入った清涼飲料水や缶コーヒーなどを大量に継続的に飲み続けることで、太りやすくなり、血糖値が高くなって、急性の糖尿病になるというものです。症状としては、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、『トイレに行く回数が増える』などがあり、最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれるケースがあります」

ちなみに、炭酸飲料水(350ml)の糖分をスティックシュガー(3g)で換算すると、ノンカロリーで1.5本、カロリーオフで約5本、通常のもので約12本分になる(参考/生活習慣病予防のための食べ方ナビゲーションたべナビ君)。そう考えると、ボクらは無意識のうちに糖分を意外とたくさんとっているのかも。

「ペットボトル症候群は、本人が無自覚のまま悪化しているケースが多いです。血糖値が高くなるとノドが渇きますが、その渇きをうるおすために清涼飲料水を飲む。するとさらに血糖値が高くなり、またノドが渇いて清涼飲料水を飲む。そして、さらに血糖値が上がる。そんなスパイラルに陥るのです。ちなみに、ペットボトル症候群は肥満の方に多いですが、高血糖の状態がさらに進んでいくと、体はどんどん痩せていきます」

えっ? 血糖値が高くなっているのに痩せるんですか? 逆に太りそうなイメージが…。

「体の中に入った糖は、膵臓(すいぞう)からつくられる『インスリン』というホルモンによって、エネルギーとして利用されます。しかし、高血糖の人はインスリンの分泌能力が少ない場合が多く、血液中にはたくさん糖があるのに、エネルギーとして利用されない状態になります。そうすると体は糖が足りない(利用されていない)ことを察知して、脂肪を分解して糖をつくり始めるのです。当然、血糖値は高くなりますが、インスリンが不足しているわけですから、エネルギーとして利用されない。こうして、血糖値だけが上がり、痩せていくのです」

なるほど、痩せ型だからとかあまり関係ないんですね。ペットボトル症候群にならないために、普段からよく飲む飲料水の糖分量や、1日にどれくらい糖分をとっているかなどを知り、まず肥満を予防し、血糖値が高くならないようコントロールしたいものです。(抜粋)


投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
脳のマンネリ化                        京都 接骨院
新聞の記事から抜粋しました。

「最近、年のせいか記憶力がめっきり落ちてしまって・・・・・」。よく耳にする言葉だが、

実は年齢のせいばかりではないらしい。
脳科学者の池谷裕二氏によると、好奇心や探究心が涌いたときに発生する「シータ波」という脳波を増やせば、”若者と同じだけの記憶力を発揮できる”と。

シータ波を妨げるのは「『そんなこと、やらなくてもわかるよ』とか、『どうせ、この前と一緒でしょ、面倒だなあ』という(『脳は何かと言い訳する』祥電車伝社)。脳にとって、「マンネリ化」こそが最大の敵なのだ。

仕事、生活、人間関係・・・・・・ともすれば同じことの繰り返しに見える毎日。
ものの見方に、その人の境涯が表れる。
毎日が「同じまま」に見える時、それは、自分の方が「同じまま」でいるからかもしれない

と、ありました。
年のせいにしまいがちなところがあります。その新聞の記事もそうですが、患者さんにも身体の回復について「年のせいにしてはいけませんよ」といいます。身体のほうは治そうとしているのに支配者の自分自身が諦めていることが多いのです。

私自身、免許を取ってからもう30年が過ぎました。経験からくる治療も身についてきたとは思いますが、わからないことも次から次と出てきております。患者さんの苦痛を少しでも取り除くためにも「脳のマンネリ化」にだけはならないようにしたいと思います。



投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
子は親の背中を見て育つ
 一昨日の日曜日。
親娘でセミナーに参加しました。

小学校の先生のお話でした。(その先生はブラスバンドと合唱を全国で何度も優勝するまでに育て上げた方です。)時々、娘を連れてセミナーに参加するのですが、その後に、感想を聞くのですが中々言ってもらえませんでしたが、今回はちょっと違いましたね。娘もその話にはとても感動したようでした。

私自身も凄く感動しました。そのうちの一つですが・・・・・・・

「子は親の背中を見て育つと言いますが、何故親の姿じゃないのでしょうか?」
『親の姿』、『親の背中』どちらも似たような意味でしょうが違う。

親が子に背中を見せようとしたら一歩前に出ないとみせられないと。
常に親自身が成長していかないと子に背中を見せられないんだということ。

まだ子供達が幼い時、小学生くらいだと子供から見たら「お父さんすごいな」と言ってくれたのが、段々と変わってきます。今では娘に教えてもらうことが多くなりました。

親の権威で子供達をリードしていこうなどと思ったことはなかったのですが、親としての威厳を持たなくてはと、思っていた矢先のこの話は、まさに目からウロコでした。

子供の成長は早いですが、親としても子に負けないように成長しようと思い帰ってまいりました。

子供達に親の背中を見せられるよう頑張ってまいりたいと思います。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新年あけまして おめでとうございます

2010年初ブログです。

新しい年を迎えて、飛び込んできたニュースは世界一高いビル。

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイに建った『ブルジュ・ドバイ』
高さ819メートルまで達し、世界で二番目に高いビル「台北101」(約509メートル)から、約310メートルも高くなるそうです。
最上階から見た景色は絶景でしょうね。比叡山(848.3m)よりちょっと低いくらいですから・・・・
先ずはドバイに行かないことには見れないのですが、行ける頃には、また、次の世界一のビルが建つんでしょうね。

1600メートルの高さのビルが建設の予定だったとか・・・・(ドバイショックで暫くは無理かな?)

よく日本一の〇〇を建てよう、世界一の△△を建てよう、とかきりがありません。

歌にもありましたがナンバー1よりもオンリー1と言ってましたが、当院もオンリー1を目指してまいりたいと思います。

これからは、日々感じたこと、治療のこと、徒然なるままに書いていきたいと思います。

 

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
始まりました。  読んでみてください!

 

年の瀬も押し詰まったときにこのブログをスタートします。

もう新年は直ぐそこだから新年から始めたらきりがいいのにと思うでしょうが、思い立ったら吉日。
新年早々に忘れるとそちらの方が縁起が悪いので、兎に角始めてみます。
もとより日記を書くのが苦手と言うか、続かないと言うか、書けるときに書いてみたいと思います。
読んでいただけたら、嬉しいな。

年末年始の治療時間を掲載します。
 

12月29日(火) ○
   30日(水) △
   31日(木) □
 1月 1日(金) □
    2日(土) □
    3日(日) □
    4日(月) □
    5日(火) ○
                は平常通り営業
           □は休み
                  
                  は午後から休み
新年は5日より平常通り営業いたします。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)