京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

京都マラソン  2月16日

日曜日早朝、町内を歩いていますと(朝帰りではありません、早起きです)
胸にゼッケンを付けた男性が商店街を歩いていました。

「あっ、そうか今日、京都マラソンか」と。2月16日でした。

翌日、マラソンに参加された息子さんの話が出ました。

1 こんな寒い時期にしなくてもいいのに
2 コースが同じ個所を何回も通過しなければならなかった

前回を精査して臨んだのでしょうが、市民が参加してのマラソンならば、また、応援する人たちにとっても、時期をマラソン参加者に向けてもいいのではないか、、コースを同じ所を通過しなくてもよいようにできないのでしょうか。

マラソン参加者の皆さんにスポットを当てたというより、商売人さんたちの意見の方にあてたのではないでしょうか。

私は、全国のマラソンランナーが京都を本当に走ってみたいと思える時期、春か秋。
観光客が少ない時期に京都マラソンを持ってくるより、その日は京都の商売人さん達が、『どうぞごゆっくり京都を走っておくれやす』と貴重な一日を市民ランナーの皆さんに京都を開放するくらいの大きな度量でお迎えしたらどうかと思います。

全国から、マラソンで走った京都。今度、ゆっくり来ようと、観光客が増えませんかね。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
もちつき     かも(鴨)
デイサービスに行く途中久世橋から桂川を覗きますと、水鳥が数羽のんびりと川面をお散歩。
カモの仲間のようですが鴨かどうかは分かりません。

ツートンカラーで(黒いボディに胸は白)、鴨より小型のように思います。
風もなく暖かい陽射しで気持ちよさそうに、泳いでいました。

デイに行きますと、本日のレクレーションは餅つきで所長他、男性陣と、お元気な利用者さんで餅つきをされました。

みなさん嬉しそうに楽しそうに、声援を送っていました。
その後は餅をぜんざいに入れて、おいしそうにいただいていました。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
寒波 ナイアガラの滝凍る
寒い日が続きます。

それにしてもアメリカ北部、日本の東北より以北。

凄い寒波ですね。
あの、ナイアガラの滝が凍りついてますね。
まさか滝が凍りつくなんて。大きな水量の滝が。

消防士が呆然としながら消火に当たっていました。火事現場に放水しているものの、放水のしぶきがかかったところから、凍りついていくのです。

日本でも屋根の雪が落下して下敷きになって亡くなっていますね。

寒い日の遊びですが、子供の頃先頭からの帰り、濡れたタオルを振り回しながら帰るんです。
寒さの度合いによっては、すぐにタオルが凍りついてしまいます。

京都ではどうかなとやりますと、凍りつきますよ。子供に見せるのですが今一つのリアクションでしたね。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
本田選手 ミランで初ゴールゲット
やりましたね。

ACミランMF本田圭佑は15日、コッパ・イタリア5回戦スペツィア戦で先発出場し、イタリア移籍後初となるゴールをマークした。

皆からの期待が大きいだけに、本田選手の活躍を私も嬉しく思います。

がんばれ!ホンダ!プレッシャーを弾き飛ばせ!

これから大変になると思いますが…
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
故郷の月                            院内会話

老婦人との会話
当院の通院患者さんで最高齢の婦人。

戦前は結婚後将校婦人として大陸・満州に渡った。
当初は環境が整っていたため、日本での生活よりはるかに近代的な生活ができたそうだ。

当時は新婚で夫のもとに行くと言うだけで、自身のお母さんのことなど考える余裕もなかったようだ。
4人兄弟姉妹で長兄と末弟の二人が戦争で中国に行き、将校婦人として末娘の、彼女が中国に渡ったそうだ。
感謝での生活で、夜トイレに行くと(外にあるので)月の明かりがあって見上げると、満月が煌々と照らしているのだけれど、「お母さんもこの月を見ているんだろうな」と、思ったそうです。

この話を聞いていて、百人一首の歌を思い出した。
私自身、百人一首を子供時分に経験したことがなかったが、小6の息子の相手をしているうちに、息子から教えてもらった歌だ。

天の原 ふりさけ見れば 春日なる
     三笠の山に 出(い)でし月かも
 
                           安倍仲麿(7番) 『古今集』羇旅・406


第9次遣唐使として大陸に渡った、阿倍仲麻呂が詠んで歌だ。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)