京都市の整骨院 | 保家接骨院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

寒波 ナイアガラの滝凍る
寒い日が続きます。

それにしてもアメリカ北部、日本の東北より以北。

凄い寒波ですね。
あの、ナイアガラの滝が凍りついてますね。
まさか滝が凍りつくなんて。大きな水量の滝が。

消防士が呆然としながら消火に当たっていました。火事現場に放水しているものの、放水のしぶきがかかったところから、凍りついていくのです。

日本でも屋根の雪が落下して下敷きになって亡くなっていますね。

寒い日の遊びですが、子供の頃先頭からの帰り、濡れたタオルを振り回しながら帰るんです。
寒さの度合いによっては、すぐにタオルが凍りついてしまいます。

京都ではどうかなとやりますと、凍りつきますよ。子供に見せるのですが今一つのリアクションでしたね。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
本田選手 ミランで初ゴールゲット
やりましたね。

ACミランMF本田圭佑は15日、コッパ・イタリア5回戦スペツィア戦で先発出場し、イタリア移籍後初となるゴールをマークした。

皆からの期待が大きいだけに、本田選手の活躍を私も嬉しく思います。

がんばれ!ホンダ!プレッシャーを弾き飛ばせ!

これから大変になると思いますが…
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
故郷の月                            院内会話

老婦人との会話
当院の通院患者さんで最高齢の婦人。

戦前は結婚後将校婦人として大陸・満州に渡った。
当初は環境が整っていたため、日本での生活よりはるかに近代的な生活ができたそうだ。

当時は新婚で夫のもとに行くと言うだけで、自身のお母さんのことなど考える余裕もなかったようだ。
4人兄弟姉妹で長兄と末弟の二人が戦争で中国に行き、将校婦人として末娘の、彼女が中国に渡ったそうだ。
感謝での生活で、夜トイレに行くと(外にあるので)月の明かりがあって見上げると、満月が煌々と照らしているのだけれど、「お母さんもこの月を見ているんだろうな」と、思ったそうです。

この話を聞いていて、百人一首の歌を思い出した。
私自身、百人一首を子供時分に経験したことがなかったが、小6の息子の相手をしているうちに、息子から教えてもらった歌だ。

天の原 ふりさけ見れば 春日なる
     三笠の山に 出(い)でし月かも
 
                           安倍仲麿(7番) 『古今集』羇旅・406


第9次遣唐使として大陸に渡った、阿倍仲麻呂が詠んで歌だ。

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
本田選手ACミラン入り
 ACミランに加入した日本代表MF本田圭佑選手(27)の入団発表が8日、ミラノ市内の本拠ジュゼッペ・メアッツァ(通称サンシーロ)で日本やイタリアなどの報道陣約170人を集めて行われた。

 本田選手は欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝を目標に掲げて攻撃的な戦いの必要性を説くなどチームを引っ張る覚悟で、自身に重圧を掛けながら名門再建に挑む決意を示した。会見後は初めてチームの練習に合流。早ければ12日のサッスオーロ戦でデビューする。

インタビューでは「日本男児は決してあきらめない。そういうスピリットをピッチで見せたい」とも。
彼の発言に嬉しさを感じるとともに、そういう日本人にならなくてはとも思った。
インタビューの一言一言が本田選手自身にプレッシャーをかけながら、自身に言い聞かせては話しているようだった。私自身、できなかった時の保険がけの発言をしてしまいがちだが、彼には有言実行となるよう活躍を期待する、し私も。
投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
七草がゆ

七草がゆ

早いもので元日から七日経ちました。今日は七草がゆの日。

またまた、新聞の切り抜き。

 

「家族・親族の集まり、旧友との再会の席などが続き、そろそろ、あっさりした食が恋しくなるころ。年齢を重ねるにつれ、1月7日の朝に食べる「七草粥」の慣習にも、なるほど意味があると思えてくる。

お粥は見た目が簡素で、ごちそうとはいえないかもしれない。しかし、食べる人の体調を考える心配りと、ひと手間が効いた味わい深い料理だ。中国では、約6000年前から食されるという(あまつかじゅんこ著『あったかおかゆ』日東書院)

穀物を軟らかく煮たお粥の類いは、世界各地で見られる。仏典にも、何年も続けた極端な苦行が無益だと知った釈尊が、スジャーターという乙女から乳粥を与えられ、気力と体力を回復。新しい悟りの道へ歩み始めた、と記されている

お粥の優しさは、「かんで含める」という言葉を連想させる。親が食べ物をかんで軟らかくし、子の口に含ませるように、丁寧に言い聞かせるという意味である。慈愛の笑顔で包み、温かい言葉を絶やさない婦人の存在と重なる

掛け声や叱咤だけが先行すれば、逆に人の心は硬く、重くなる。温かく、丁寧に友と語り合えば、心は伸びやかになる。常に「励ましの滋養」を忘れまい。」

 

正月に飲み過ぎ、食べ過ぎとなってくたびれ気味の胃や腸を一息させてさあ、この一年元気で頑張るぞ。

 

投稿者 保家接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)